Col Pierrotの服は、着る人すべてを綺麗に見せてくれる魔法のシルエットを持っている。
袖を通した時に感じる立体感、包まれるような感覚は独特のものだ。

デザイナーの奥田文子さんは、パリのオートクチュール学校でモデリスト(日本でいうパタンナー)としての服作りを学んだ。
その後才能が認められシャネルやバレンシアガなど名だたる老舗メゾンの裏方として働いた後に
クリストフ・ルメールの元でキャリアを積んだという職人肌の女性。

本物が分かる大人たちを虜にし続けている奥田さんに、Col Pierrotの秘密を聞いてみた。

「アパルトモンでしか買えないもの。」

あったらいいなと思うものは、オーセンティックなのにどこか気の利いたもの。

それはシルエットだったり、素材感だったり、ほんの少しのアレンジがポイント。


様々なオシャレをしてきた大人の女性だけがわかる、遊び心や"ハズし"の妙。


リラックスして着られるファーのアウターがあったらいいな。

スポーティーなのに、どこかモード感があるトップスが欲しい。

メンズブランドのあの靴、もう少し女性らしくなったら嬉しいのに。


そんな、痒い所に手が届くものがL'Appartementでなら揃うかも。


信頼するデザイナーさん達とタッグを組み、こだわって作ったものばかり。

L'Appartementでしか買えない夢のアイテムをご紹介します。

MANOLO BLAHNIK

APRIL 6, 2017

なぜ"MANOLO BLAHNIK"に憧れる女性が多いのかー
世界中の名だたるセレブがこぞって履く"MANOLO BLAHNIK"。その最大の特徴は、優美なシルエットを作り出す華奢なヒール。セレブの間では、その美しさに魅了され、ついつい集めてしまうとか。

MORE

PAGE TOP